赤と青の行方
日本のサッカー(浦和レッズと日本代表)について、 超個人的に語る。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中断前の残り2戦に向けて
HOT6も残すところ2戦。
大宮、柏とまさかの連敗痛い星を落とした。
この連戦が始まる時、ギドをはじめ選手たちは全部勝って
2位になる。と言っていた。確かに、ヴェルディ戦までは
その勢いがあった。しかし、連戦の疲れが見え始めた大宮戦から
選手の動きが悪くなり、先制点を許す展開。それもそのはず、
3試合続けて同じスタメンなのだから。大宮戦の前半を見る限り
明らかに選手の動きは悪かった。前半ロスタイムに1点を返すのが
精一杯だった。後半開始から選手を入れ代えるかと思っていたが
ベンチが動いたのは後半20分を過ぎてから。結局それも実らず、
敗戦した。
そして連戦4戦目となる柏戦。スタメンをいじってくるかと僅かな
期待を抱いていたが、それも裏切られ4試合連続同じスタメン。
ベンチワークに疑問を感じる。
サブのメンバーには堀之内、酒井、西谷、南、横山等スタメンに
劣らない選手がいることをわすれてはいないだろうか?
特に南はナビスの大宮戦で目を見張る活躍をしている。疲れの見える
選手を使うのなら元気なサブ組を思い切って使ったほうが
いいパフォーマンスをするのではないだろうか?
何の為に、ナビスコやヴェルディ戦でサブの選手を使ったのだろうか?
スタメン組を休ませる為だけなのか?
HOT6を乗り切るには11人だけじゃなく、サブを含めたチーム全体で
戦わないと勝ち越せないのではないだろうか?20050717122308.jpg

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。