赤と青の行方
日本のサッカー(浦和レッズと日本代表)について、 超個人的に語る。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いよいよ東アジア選手権
今日、日本代表が東アジア選手権が行われる韓国に入った。
今回の代表には、レッズから達也、FC東京の今野、磐田の村井そして
久保の代わりに千葉の巻が初召集された。
この代表召集に関しては各メディアからも注目されていた。それは
W杯出場が決まった後初めての召集である事。そして欧州組が参加しない
事から代表の新戦力として誰が召集されるか?と言う点である。
先に述べた通り、新戦力は4人。私個人の意見としては正直物足りない
あと2人ぐらいは新しい名前がほしかった。
W杯予選が始まってからの2年。特にこの1年間に関しては代表が発表
されても、楽しみがなかった。なぜなら、毎回同じ顔ぶれだからである
確かに、ジーコが言うように同じメンバーで試合をこなした方が
組織力は上がるだろう。しかしだからと言って、各チームで結果の出て
いない選手を招集するのはいかがなものなのだろうか?
最終予選5試合で日本の得点は7点。その内訳は大黒2点、小笠原2点
柳沢1点、福西1点とオウンゴールの1点である。FWで得点したのは
Jリーグで好調の大黒とやはり自チームで好調だった柳沢だけ。
ジーコが、こだわりつづけた鈴木と玉田はいづれもノーゴール。チーム
での状態がそのまま結果に表れていると言っても過言ではないだろう。
いくら過去にいい活躍をしていても、現在調子を落としているのなら
召集すべきではない。今回、辞退した久保がいい例だ。チームでも
90分プレーしていない選手を招集したところで何になるのだろうか?
ならば今、調子のいい選手を招集して今後の可能性を見出した方が
よっぽどいいと思う。その点では、巻の召集は嬉しかった。久保の
辞退に伴う追加召集を聞いた時、私は「どうせまた鈴木を呼ぶ
のだろう」と思っていたからだ。久保に代わるポストプレーヤーとして上がっていた名前に巻と高松(大分)があった事も付け加えておこう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。