赤と青の行方
日本のサッカー(浦和レッズと日本代表)について、 超個人的に語る。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東アジア選手権からW杯最終予選イラン戦へ
昨日、インド戦に挑む代表メンバーが発表っされた。
大方の予想通り、東アジア選手権のメンバーがそのまま選出された。
欧州組の召集も注目されたが、欧州はすでにシーズンインしている事を
考慮して今回の召集は見送られた。
この事はつまり、東アジア選手権でチャンスをもらった国内組。特に、
今まで控えにまわっていた選手。そして今回、初召集された選手には
願ってもないチャンスだ。
先日の東アジア選手権。控え組で挑んだ中国戦と韓国戦。1勝1分と
言う結果は残したが、内容としては決して褒められるものではない。
17日のインド戦。今回チャンスを与えられたメンバーはW杯本大会へ
生き残りを懸けたラストチャンスになる。
東アジアで得た経験を生かし、イランに快勝してほしいものだ。
そして、いい意味でジーコの頭を大いに悩ませてほしい。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。