赤と青の行方
日本のサッカー(浦和レッズと日本代表)について、 超個人的に語る。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
遠のいた優勝
これで何試合目だろう?
いい試合した直後の試合に負けたのは...
これまでの試合で選手達は何を学んのだろうか?
前節の鹿島戦で1人退場者をだしながら2点差を追いつき引き分けに
持ち込んだ。それだけに今日の試合の重大さを選手は十分承知していた
はずだ。なのに、あの試合の入り方は何だったのだろうか?本当に優勝
する気があるのだろうか?
こう言っては大分に悪いが今日は取りこぼししてはいけない試合だったのだ。なのに、攻め込むどころか押し込まれ防戦一方。原因はこの試合
だけではないが、中盤で相手にもたれた時ボランチと両サイドが引いて
最終ラインに吸収され5~6バックになってしまうからだ。
なぜ2、3人の相手に対して5、6人で対応する必要があるのだろか?
あれでは、最終ラインの前のスペースを「どうぞ使って下さい」と
言っているようなものだ。1失点目は、まさにそのスペースを使われ左
サイドに展開されて奪われた点だ。
選手達は試合の入り方について「引いてから前にでる」と言っているが
見る限りでは「引きすぎ」である。岡野も言っていたがレッズが引いて
試合に臨むのは、正直おかしいと思う。引いて入るにしても、ゾーンを
決めて奪いに行かなくては、有効な攻撃はできない。それから、ここ数
試合、攻守の切り替えが遅い。特に奪った後、周りの選手が上がらない
為、せっかくのチャンスを自分達で潰してしまっている。いくら達也や
永井に突破力があるとはいえ、これでは点は取れない。
次節はアウェーで広島戦だ。広島は守備のいいチーム。選手達は今日の教訓をどのように生かすのだろうか?今から楽しみだ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。